TOPページ >スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数 人 | Google ブックマークに登録 | はてなブックマークに登録 | livedoorクリップに登録 | del.icio.us に登録 | Buzzurlに登録 Buzzurlにブックマーク
TOPページ >無修正動画サイトに関する法律的な問題は?

海外サイトから配信された無修正動画の閲覧は違法でしょうか?

海外アダルトサイトに入会する場合、日本国内では禁止されている無修正動画が配信されるわけですから、
「それって法律的にどうなの?」という疑問が当然起こります。
しかし、海外サイトから配信された無修正動画や画像を、日本国内で閲覧したりダウンロードして「個人」で楽しむことは違法ではありません。日本の法律では、「わいせつ物を無修正で公開」することは禁じられています。(刑法175条)
また、わいせつ物を販売・配布・陳列目的で所持することも禁じられています。つまり「販売・配布・陳列」というのは法律で禁じている「公開」にあたるという考え方です。ですから、海外から配信された無修正動画であっても、例えば国内で個人のブログにアップして「公開」したとすれば、それは当然法律違反になります。

海外アダルトサイトの場合、そのサイトを運営している企業が拠点としている国または州の法律が適用されることになります。
実際にその企業が海外で登記されて、海外にサーバーを設置し、海外の銀行に利用料金が振り込まれるという「ビジネス」をどこで行っているか、それが基準になります。

まだ記憶に新しいのですが、少し前にアダルト系のライブチャットサイトが摘発されました。
この場合、たとえチャットを運営している企業が海外であろうとも、チャットガールといわれる女の子たちは日本人で、しかも国内から配信されていたものでしたから、当然これは法律違反になるわけです。

しかし、個人で所持することは違反しないと言っても、これはとても微妙な問題で、はっきり言って日本国内から海外の無修正動画を見ることが違法であると、いつ決められてもおかしくない状況だということは知っておきましょう。
あくまで今のところは大丈夫、ということです。



 

関連記事

 


コメント:0 | トラックバック:0
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数 人 | Google ブックマークに登録 | はてなブックマークに登録 | livedoorクリップに登録 | del.icio.us に登録 | Buzzurlに登録 Buzzurlにブックマーク




Secret






トラックバックURL
→http://adulteye3.blog110.fc2.com/tb.php/8-c4c05247


COPYRIGHT@2009 Adulteye ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。